個人輸入で抗うつ剤を入手する場合はもちろん、普通に医師から処方してもらう場合であっても、情報収集は怠らないようにしましょう。やはり副作用のある医薬品を使用する以上は、ある程度の知識を身につけて、特徴や傾向を把握しておかないといけないのです。

情報を集めないと何も分からない

そもそも抗うつ剤はどんな効果があるのか、どのように使用すればいいのか、またどのようなリスクがあるのか、そういったことは情報を集めないと分からないわけです。

もちろん、中には大学などで学んだ人もいるかもしれませんが、そういった人はほんの一部なわけです。ほとんどの人は何も知らない状態でしょうから、せめて最低限のことだけでも覚えておくことが必要なのです。

リスク管理だけが目的ではない

情報を集めるのは何もリスク管理だけが目的ではありません。もちろん、安全に使用するための知識を身につけることも大事ですが、1番の目的は自分にぴったりの抗うつ剤を見つけることです。

あくまでも最終目標は、うつ病を完治させることですから、そのために情報収集を行うわけです。そのためには、種類や効果や特徴などを知る必要があるでしょうから、それが基本となるわけです。

うつ病でない人でも是非とも情報を集めておこう

特に今の段階でうつ病の症状が見られない人でも、今後いつ発症するか分からないわけです。なので、そうなってしまった時のためにも、必要最低限の情報だけでも集めておけば、いざという時に絶対に役立つはずです。

もちろん情報だけが全てではない

ただ、最終的な意思決定は自分で行うわけですし、情報だけが全てではないことは覚えておかなければなりません。むしろ、何もかも情報に頼るのではなく、自分でしっかりと考えることも大切なのです。