日本では抗うつ剤の販売は禁止されていますが、海外では許可されている国も多いです。したがって、医師からの処方以外で入手するためには、個人輸入を利用することになります。ただ、当然ですがそれなりのリスクも伴うので、十分に注意した上で行わないといけません。

詳しく調べることが必須条件

海外では様々な抗うつ剤が販売されていますが、中には非常に副作用が強い製品も存在しています。また、外国人は何の問題もなく使用できても、日本人が使うと大きな問題を引き起こす可能性があるのです。

したがって、製品情報は詳しく調べることが必須条件となりますし、詳細な特徴もしっかりと把握しておかなければなりません。もちろん、必要な知識も十分に身につけた上で探すようにしましょう。

業者選びも同じぐらい重要

また、抗うつ剤を販売している業者選びもかなり重要となってきます。中には、違法で販売をしている業者もありますし、海外でも規制されているような製品を平然と販売いるケースもあるのです。

良からぬ業者から入手した製品を使用してしまうと、大変なことになりかねませんし、重大な問題を引き起こすリスクもあるのです。もちろん、そもそも商品を送ってくれるかどうかも分からないので、単純に金銭被害に遭ってしまう可能性もあるのです。

個人輸入は自己責任が大前提

これは抗うつ剤に限った事ではありませんが、個人輸入というのは自己責任が大前提となるのです。何か問題が起きても全て自分で対処しないといけませんし、誰かが助けてくれるわけでもないのです。

だからこそ、個人輸入というのは安易に手を出すべきではありませんし、相当な知識や情報をしっかりと集められる人だけが、踏み入れることができる場所なのです。